'9?年??月??日   内田有紀
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   いつものようなエロ顔をして「うんこがしたい」やとか、「オレの色は赤色」だとか、
   「山田まりやがどうだ」とか、「天使が美容師」とか、「城麻美のお尻に指がどうたらこうたら」と、
   誰も聞いていないのに一人でしゃべっていた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   一人淋しく部屋にいるとき、女の子から電話があったら、仕事が無くて一日中寝ていたくせに、
   「ああ、オレも今仕事から帰ってきたとこ」とウソをついた口でお話しします。


 濱口

   この前、内田有紀さんと会った。
   オレと内田有紀さんは、ドラマ「キャンパスノート」で共演していたので、すごく仲のいい感じだ。
   カメラが回ってないところでもトークをするぐらい仲がよろしい。
   ロケが終わって帰るときも、「もう帰っちゃうの?」と淋しそうにするぐらい、オレを仲間だと思っているのだ。
   でもオレは、そこはプロの現場なので、仕事が終わればすぐに帰る。
   内田有紀さんとばっかりしゃべっていて、デレデレしてるアホな芸人と思われては、スタッフに印象が悪いので、
   僕はキッパリ「お疲れさまでした」と言って帰ったのだ。
   おわり

 有野

   今日、内田有紀に会った。ご存知大スターだ。
   その大スターとその昔共演していたのが、うちの相方・濱口優。もちろんどぐされ芸人だ。
   内田さんの世間でのあだ名が「有紀ちゃん」に対して濱口のは「まゆ毛」だ。
   そんな二人だが、ドラマで共演していた。半年間も一緒に共演していたのだから、さぞ仲がいいのだろうと思ってた。
   内田さんが来た。「おはようございます」 「あ、どうも」 まぁ僕にはこんなもんだろう。
   濱口の方に行った。濱口が言って内田さんが返す。「あ、内田さん」 「あ、くさお」
   はぁ〜・・・僕の知らん空白の半年間に何があったのだろう。
   「もぅ、話すなよくさお、臭いよ」 「うるさいっすわ、内田さん」
   内田有紀・20歳、濱口優・24のオッサンだ。
   さぞかし濱口は怒っている顔なのだろうと思って見てみたら、めっちゃデレデレしとった。
   24の威厳よりも、個人に威厳がなさ過ぎるなと思った。
   おわり