'99年 7月 9日   ピーコ
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   今日は珍しくメンバーの誰よりも早くスタジオ入りし、
   そのことが本人にとって自慢だったのか、ごきげんで
   ルパン三世のエンディングテーマを下手くそな鼻歌で歌っていた僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を
   大森玲子のバニー姿の写真を見て
   「オレ、うさぎにめっちゃ弱いねん。大森、お前ひきょうやで」と言っていた
   相変わらずエロいお口でお話しします。


 濱口

   この前、おすぎとピーコのピーコさんに会った。
   雑誌の仕事で、ポラロイドで写真を撮らなければならなくて、
   バックの背景を探している時、楽屋の前に「2時のホント控室 ピーコ」と書いてあった。
   ここで撮ろうと、楽屋を背景に写真を撮ろうとした時、ピーコさんが楽屋に戻ってきた。
   僕は気付かず、「ピーコピーコ、ピーコピーコ」とダブルピースをしながら写真を撮った。
   ピーコさんは、写真を取り終わるまで黙って楽屋の前で待っててくれた。
   僕は気付いてたけど、気付かないふりをして、
   「ピーコピーコ」を「ピースピース」にしてその場をごまかした。
   おわり

 有野

   今日、服飾評論家のピーコさんに会った。
   僕がメイク室でメイクさんと映画の話をしてた。
   メイク室は、壁を隔てて前と奥の2つに別れてて、僕は奥の方で話してた。
   というのも、おすぎが予告編のナレーションをしている「交渉人」というのがある。
   「おすぎです。出てる人が誰か分かんないからって見ないのはバカ。
    私に騙されて下さい。『交渉人』見てください」て言うてたので見に行った。
   騙されに見に行ったていう話をメイクさんにしてた。
   「おすぎはさすが映画評論家っすわ。言うこと聞いて騙されに行ってよかったっすわ。
    おすぎはええ映画紹介しよるっすわ。とりあえずねぇ、僕ん中でおすぎは認めました。
    あとはピーコっすわ。僕にいつ認めてもらえるかなぁ。ハハハハ」
   しゃべり終わって、メイク室の奥から手前を通って楽屋に戻ろうとしたら、
   メイク室の手前にピーコおった。「うわっ、ピーコや」声出てもうた。
   それくらいびっくりしてたら、ピーコ、鏡越しに僕のことをチラッと見て、フンて鼻で笑った。
   僕がピーコを認める前に、僕の方がまだまだ、服飾評論家のピーコに認められてへんみたいやった。
   鏡見たら僕、青いガンダムTシャツ着てた。
   おわり