'99年 4月 9日   有賀さつき
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   先週のヤンタン終わりでやったコンパの結果をスタッフに聞かれ、
   「第1回目からそんな話はちょっと言えませんわ。徐々に徐々に。
    でもあえて言うなら引き分けって所ですか」と妙に紳士ぶっていた僕たちよゐこは
   様々な芸能人に会います。そのときの様子を
   第1回目にもかかわらず出演者の中で1番遅れてスタジオ入りしてきて、
   何一つおもしろい言い訳もできなかった、へこたれたお笑い人生でお話しします。


 濱口

   今日、有賀さつきさんに会った。
   有賀さんは、僕濱口を見るなり、「さわやかになったねぇ」と言いはった。
   どうやら、有賀さんは僕に気があるみたいだ。
   いきなり最初から僕を口説きにかかるなんて、ヤバイなぁ、有賀さんに食われそうやなぁ。
   もし有賀さんが僕に何かをしてきたら、
   僕はセクハラで訴えようと思う。
   おわり

 有野

   今日、有賀さつきさんに会った。
   今日有賀さんに会って分かったことがある。
   こんなん放送で言うてええんか分からんけど、有賀さん僕にホレてる。
   本番中に言うてしもうたけど、有賀さん僕にめっちゃホレてる。
   けど、有賀さんにやったら、オレの初めてあげてもええと思う。
   名字は「有賀晋哉」にすんのか、「有野さつき」になんのか、それとも間をとって「有有さつき」にしようか。
   ヤンタンからオレたちやってまーすになって良かったと思った。
   今度の8月で彼女おらん歴10年になるところをギリギリで助けられる。
   7歳の年齢差なんて気にしないでつきあっていこうと思う。
   今晩あたり、まさに「オレたちやってまーす」って感じや。
   おわり