'98年10月30日   アメリカザリガニ
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   フライデーに載っていた、グラビアアイドルとミュージシャンの熱愛発覚の記事を見て、
   「やっぱり芸能人の女は計算してますよねぇ。言うたらこういう所でグラビアになってるくらいですからねぇ。
    でも、心底男には頼らない女じゃないと売れないですよ」
   と、分かったような訳の分からんことを言っていた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   本上まなみの写真集を見て、
   「うーん、この脇は舐めれるけど、写真集としては使えんなぁ」と威張っていたカス人生でお話しします。


 濱口

   今日は、アメリカザリガニにしか会わなかった。
   しょーもない芸人アメリカザリガニにしか会わなかった。
   雑誌で対談が終わってから、アメザリと大阪に帰ろうと思った。
   4人で一緒に帰ろうと思ったら、ボケの平井が「すんません、僕用事ですわ」と断りよった。
   だからオレが「女か」と聞くと、「まぁそういうことっすね」と、のろけやがった。
   東京駅に向かうタクシーの中で、重大なことに気付いた。
   「しまった、後つけてったったらよかった」 重大なミスを犯して悔しがっているオレに、
   つっこみの柳原が「やめたって下さいよ」と言っていた。
   おわり

 有野

   今日、雑誌の対談で、僕らの後輩でもある、よく知っている後輩、アメリカンザリガニに会った。
   その取材終わりで、大阪に一緒に帰ろうということになって、誘ってみたら、
   アメリカンザリガニのボケの平井が「すんません、僕用事ですわ」と言ってきたので、
   濱口が「女かぁ」と聞くと、めっちゃにやけた顔で、「まぁそういうことですわ」とのろけやがったので、
   みんなは笑ってたけど、僕は何かむかついたので、無視したった。
   帰り、つっこみの柳原くんが僕の横に座ってきたので、
   「自分ら名前変えた方がええんちゃう」ていう話をした。
   よゐこも名前変えて、結果良かったということをみんなに言われているということを、
   込み入った話を、濃い話をした。
   つっこみの柳原くんも真剣になって聞いてるみたいやった。
   芸人さん同士でこんな話ばっかりしててもしゃぁないかと思って、
   またいろんな話をしたあと、柳原くんにつっこまそうと思って、
   「けどあれやなぁ、もしオレらも名前変えてなかったら、
    この新幹線には、なめくぢとザリガニが乗ってるってこっちゃな」て言うてみた。
   ちょっと待ってもつっこんでけぇへんかったから、おかしいなぁと思ったら、
   横で柳原くん、マガジン持って寝てた。
   おわり