'98年 8月28日   榎本加奈子
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   相方の有野にだけファンレターが5通も来ているのを見て、
   「うわー、オレ人気ないなぁ。あー、セックスしてーよー、してーなー。おい、誰かとセックスさせろよ!」
   と、スタッフに命令していた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   家賃を払うため、電話代を払わずにおこうと思っていたけれど、
   タッチの差で銀行引き落としされていた、来月15日まであと1万円の体でお話しします。


 濱口

   この前、日本テレビの地下駐車場で、榎本加奈子さんに会った。
   最初は車に乗ったマネージャーが、僕にペコリとしてはった。
   そしたら車が止まって、後部座席から身を乗り出し、
   榎本加奈子さんが、わざわざあいさつをしてくれた。嬉しいではないか。
   嬉しすぎて、オレに気があるんじゃないかと勘違いしてしまいそうになった。
   しかし、その勘違いもすぐに吹き飛ばされた。
   榎本加奈子さんは、濱口ではなく有野の方に何か言いたそうにしていた。
   「この前はごめんなさい」榎本さんは、有野に謝っていた。
   一体、オレの知らない間に何があったのだ。
   オレのことをあまり見ていなかった榎本さん、初めての挫折だった。
   おわり

 有野

   今日、榎本加奈子さんにあった。
   榎本さんは、僕に向かって「この前はごめんなさい」と言った。めっちゃ恥ずかしかった。
   マネージャーはおるし、濱口までおる所で言うなんて、何てはしたない。
   みんなにバレちゃうじゃないか、あの日のことがと思った。
   そしたら、案の定濱口は、それを知りたがってきた。
   何があったかは、まぁここでは言わないでおこう。
   まぁ、ただ単にロケで一緒やって、
   「濱口さんの方がおもしろい。有野さん、なんか地味すぎておもしろいのが何か伝わらへん」て言われただけだ。
   けど、後部座席から運転席まで身を乗り出してきてまで、「この前はごめんなさい」て言ってきた榎本さんを見て、
   僕は久しぶりに思った。"あぁ、この子僕に気あんな"
   ぶっちゃけた話、僕この2・3日、めっちゃモテ出してきてる。どの子にしようか迷うてるぐらいや。
   有野晋哉26歳、年末には結婚です。
   おわり