'98年 8月14日   桜金造
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   誰も聞いていないのに「和田アキ子の新曲はパンチが効いてますわ。
   あっ、そうそう、和田アキ子は前のアルバムでミスチルの曲を歌ってるんですよ」と言ったと思うと、
   本人はものまねのつもりで「♪とどま〜ること知らな〜い」と歌っていた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   今月もピンチでマネージャーにお金を借りていたけど、
   今日銀行に行ったらまだ給料が振り込まれていなかった、残り9000円の財布でお話しします。


 濱口

   この前、桜金造さんに会った。もちろんお化けがらみの仕事で会った。
   金造さんは、「はじめまして」と言っていたが、僕は金造さんとは2・3年前にも会っているのだ。
   もちろんお化けがらみの仕事でだ。その時の金造さんは、
   「ここは昔、首切りの場所に使われていた所だ」と言っている場所で、
   調子に乗って口からべーべーつばを吐いていた。そして、
   「そこは昔、切った首を投げ込んだ井戸だ」と言う所に、金造さんは入っていった。
   入ってまた調子に乗った金造さん、おやま遊園地やっていた。
   そのことを金造さんに言ったら、「そうかぁ、でもその方がおもしろいだろ」と言った。
   「お化け出てきますよ」と言ったら、「お化けなんかいないよ」と言った。
   「でも見たっていつも言うてますやん」と言ったら、「見たことにしてんだよ」と言った。
   その方がおもしろいなぁと思った。その後、金造さんとお化けおった方がいいなぁという話をしていた。
   おわり

 有野

   今日、桜金造さんに会った。
   金造さんは、最初濱口と怖い話をずっとしてて、ロケバスの中を盛り上げたかと思うと、
   今度は別の人と、芸人の中で誰が一番ケンカ強いかという話をしてた。
   ホンマやったら、ロケの合間っていうのは、休んでたり本を読んだりして、ゆっくりするもんやけど、
   金造さんがロケバスにいてるだけで、みんなはずっと話してた。
   けど怖い話とかケンカの話って、普通はしょうもないはずやけど、金造さんがしゃべるとめっちゃおもしろかった。
   怖い話はもちろん、ケンカの話もめっちゃ凄んで話してはった。何でそんなに凄むねんてところがおもしろかった。
   ロケの合間で寝てたかったけど、おもしろいからええかと思った。
   で金造さんは結局ロケの最後までおらんと、本番中勝手に帰らはった。
   「何で帰るんすか」と聞いたら、「だってその方がおもしろいだろ」と言われた。
   おもしろかったら、何をしてもいいというのは、すごい仕事やなぁと思った。
   だからおもしろかったら、よゐこがいくら困ってても、山崎(邦正)さんは残っててもいいのだ。おもしろかったらだ。
   けど、ぶっちゃけた話、11時台で帰ってほしかった。   
   おわり