'98年 7月10日   せんだ光雄
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   プレイボーイの小嶺麗奈のグラビアを見て、「こいつ実物いまいちやなぁ」と毒をはいていたかと思うと、
   レースクイーンのヌードを見て「これかわいいなぁ、でもこの乳輪のデカさは”がつごうり”ですわ」
   と、ワケの分からない言葉を言っていた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   給料日まで生き延びるためにマネージャーに3万円を借り、
   終わってからもメシに行けないセコセコでお話しします。


 濱口

   この前、仕事でせんだ光雄さんに会った。
   せんださんは、ギャグを連発して僕らを笑わせてくれた。
   そして、そのギャグをめちゃイケメンバーにくれるという荒技に出た。
   「せんだえらい、せんだえらい」とか「ナハナハナハ」とか、
   「ハ、ハ、ハ、ハ、ハが4つ」などのギャグをみんなにあげていた。
   僕濱口は、「君はチビロク?」というわけの分からんギャグをもらった。
   このギャグをもらった僕は、どの場面でこのギャグを使ったらいいのだろうか。
   でも、ギャグを人にあげるというのは、かなりおもしろいと思った。
   おわり

 有野

   今日、新宿でせんだ光雄に会った。ウソ、沖縄のビーチで会った。
   せんださんは、めちゃイケメンバーに自分のギャグをあげるといって来たんだけど、何か必死やった。
   普通、人に物を、ギャグを譲るときは、
   自分が新しい物を手に入れたときや、自分が新しいギャグを作ったとき、
   それなしでいける、ギャグなしでいけると思ったときという場合だ。
   後は、それを売らないとヤバイ、ギャグでもあげんとテレビ出られへん、生活できへんという場合や。
   せんださんの場合、明らかに生活でけんていうパターンやった。僕は言い切る。
   島崎俊郎さんはアダモちゃんをやってくれたり、高木ブーさんや加藤茶さんも出てくれはったり、
   さんまさんも出てくれはった。けどみんなベテランのゆとりがあった。若手が勉強できた。
   なのにせんださん、何か必死やった。沖縄で外やったからかもしれんけど、何か汗だくやった。
   何かせんださん、全盛期よりも痩せたなて思った。けど、全盛期っていつやったかなとも思った。
   おわり