'98年 6月19日   出川哲郎
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   急に頭が痛くなったらしく、スタッフから頭痛薬を受け取り、立ち上がったと思うと、
   薬は飲まずゴミ箱の所へ行き、古い雑誌を見ながら
   「あっ、これやったんかい」と山田まりやの恋人を嬉しそうに確認していた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   200円で買った仮面ライダーの人形をしげしげ見つめ、「こんなんあいつが見たら怒るやろうなぁ」
   と、あいつとは誰か分からないけれどつぶやいていた口ででお話しします。


 濱口

   この前、久しぶりに出川哲郎さんと一緒に仕事をした。
   相変わらず、缶コーラを「もう炭酸抜けてるやろ」というようなスピードでチビチビ飲んでいた。
   そんな出川さんは、フランスへワールドカップを見に行ったらしい。
   「フランス盛り上がってましたか、出川さん」と聞くと、
   「いやぁ〜、もうすごいよ。実況とかもワーって感じでワーだよ」
   こんな人がフランスに行ったのかと思ったら、何かおもしろくなってきた。
   「ワーってどんな感じやったんですか」とさらに聞くと、
   「実況だよバカ!フランスの人が実況でワーワー言ってんだよ」
   「出川さんサッカー知ってんすか」「ん、分かんない」こんな人がフランスに行ったのだ。
   「いやぁ、フランスよかったよ」
   出川さんは、どうやらサッカーは見れなかったらしい。
   おわり

 有野

   今日、東のちっこいオッサンこと、出川哲郎さんに会った。
   出川さんは、フランスに行ったり、どっか行ったりと、最近海外付いているらしく、
   身につけている時計も、ちょっとかっこよくて、今はやりのGショックだ。
   イルカクジラモデルや。もちろん出川さんに聞いてみた。
   「出川さん、これええ時計なんやないっすか」 「ん、これ?イルカクジラモデルだよ」
   「へー、すごいっすね」と、出川さんは文字盤を光らしてくれたところ、
   何か青く光った文字盤に赤い魚が見えた。
   「あっ、出川さん、今映ったん何の魚っすか」 「ん、イルカクジラ」
   「えっ?クジラでしょ?」 「違うよバカ!イルカクジラモデルだよ。」
   「イルカっすか?クジラっすか?どっちっすか?」 「イルカクジラだよ」 「あぁ、そうっすか」
   こんな人でもGショックなのだ。
   「じゃあ、いくらぐらいするんすか」 「えっ、どっか外国で買ったから分かんない」
   「じゃあ、こっちで買うといくらぐらいするんすか?」 「だから分かんないって!どっか外国行ったときにスタッフに
    『あっ出川さん、これ買っとくといいっすよ』とか何とか言って買ったから分かんない。」
   「じゃあ、そっちでいくらぐらいしたんすか?」 「もう分かんないって!」 「あっそうすか」
   「けど、こっちで買ったら5・6万くらいするんじゃないっすか、ええ時計買ったっすね」と言った濱口の腕には、
   Gショック10個分ぐらいのロレックスが巻かれていた。
   そんな濱口に出川さん「ん、ありがとう」
   出川哲郎34歳、僕もこんな大人になりたいなぁと思った。
   おわり