'98年 6月 5日   福澤朗
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   女性のワキ毛のことを嬉しそうに
   「あのねぇ、生えてなさそうな女に生えててもそのままですけど、
    生えてなさそうな子に生えていたら、おっ生えてるって感じになるんですわ」
   と、お弁当のソースを口につけながらしゃべっていた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   今月4万円のピンチでお話しします。


 濱口

   この前、他局のアナウンサー、副沢"ジャストミート"朗さんに会った。
   副沢さんは、普段から人間的に勢いのある人だった。
   普段から勢いの少ないよゐこを見て、多分イライラしていたと思う。
   僕らは、天声慎吾のナレーションの仕事を、すごく自然体でやっていたので、
   コメントが出てこないときは、しゃべらなくても何回もやり直しするのである。
   その時も副沢さんはやる気満々で、
   「いや〜、ごめんなさい、僕何かコメントした方がいいですよね。
    あ〜、ちきしょう〜!もう一回お願いします!やるぞぉ〜!」と、やる気満々だった。
   僕らは、「よし、副沢さんがしゃべるのか。じゃ楽しよう」という感じで、茶をすすっていた。   
   おわり

 有野

   今日、日本テレビアナウンサーの福澤"ジャストミート"朗さんに会った。
   福澤さんは、いすに座るとき、どこに座ろうか迷ってて、よゐこの横に座ろうとしてたので、
   「間に入って下さいよ」と、有野と濱口が間を開けたら、
   「えっ?そんなところに座っていいんですか?お二人揃って座らなくていいんですか?」と断りつつ、
   よゐこの真ん中に"ジャストミート"って感じで座らはった。
   その後、ポッキーを2・3本一気に"ジャストミート"って感じで食べて、
   十六茶をグィーッとこれまた"ジャストミート"って感じで飲まはった。
   この辺が福澤"ジャストミート"朗と呼ばれるところなんかなぁと思ってたら、トイレに行かはった。
   帰ってきた後、僕もトイレに行った。めっちゃくさかった。めっちゃ"ジャストミート"やった。
   けどよう見たら、うんこはみ出てた。ある意味"ジャストミート"やった。
   3回目やけど、においはホンマに"ジャストミート"やった。
   おわり