'98年 1月30日   長江健次
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   というか今日、新大阪に着くなり家族と待ち合わせをして
   地味な食堂で一家だんらんのタレントらしからぬ地味なお誕生日パーティーをした僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   地味な気分を引きずったままMBS入りしたせいか、ヤンタンのスタッフに誰にも気づかれず、
   地味に1人淋しくウリナリを見ていた、地味なタレント人生でお話しします。


 濱口

   今日、今さっき長江健次さんに会った。
   というか、この日記を書いてるとき横におる。
   めちゃドキドキしながら書いてる。どうしよう、「何書いてるの」と見に来たら。
   うわ来た!こっち見てる。あ〜よかった、結婚がどうのこうのいう話してはるわ。
   こんな風に生日記を書くのは初めてだ。
   日記を書き出す前に、スノボの話を長江健次さんとした。
   キャイーンの天野君と、番組でスノボをやったらしい。
   よゐこも誘って今度行こうという話になったらしい。
   僕はスノボ全然出来ないけど、「今度誘って下さい」と言った。
   今話し相手がいないのか、長江健次さんテレビ見てる。
   おわり

 有野

   今、長江健次さんに会ってる。
   誰書こうか、誰に会ったかと困ってる話をしているところ、長江さんを見つけた。
   何で長江さんを見つけたかというと、ラジオのスピーカーから「なーっ」て聞こえたので、すぐ長江健次と分かった。
   まさに「棚から"なーっ"」だ。
   けど、長江さんと何話したらええか分かれへん、どうしようと困っていると、
   「この間キャイーンとスノボ行ってきてさぁ」と、向こうから話して来はった。
   まさに「ひょうたんから駒"なーっ"」だ。
   で、今度キャイーンと一緒にスノボに行こうというところまで。一人で話を盛り上げはった。
   まさに「二回から"なーっ"」だ。
   そんな長江さんは、マネージャーがそろそろ帰ろうと言っているのに、
   「もうちょっとおる〜」と。駄々をこねていた。
   欽ちゃんが見たら「こらフツオ」て怒られるやろうなぁと思うけど、
   長江さんも、もう欽ドンネタも言われんの嫌やろうと分かるけど、言っちゃうんだ"なーっ"
   おわり