'97年 1月 9日   キャイ〜ン

 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   難しい顔でやって来たかと思うと、ディレクターに
   「今日はベストのおっぱいについて考えてきたんですけど」と語り、
   「広末は水パイかもしれない」とか、
   「広末よりボディーは奥菜の方がいやらしい」とか一人でしゃべっていた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   本人は高かったと言ってるけど、どう見てもビニールみたいな安物の革ジャンでお話しします。


 濱口

   この頃、ずーっと休みだったので、キャイ〜ンにしか会わなかった。
   キャイ〜ンは元々、いいとものレギュラーだったので、
   僕らより、タモリさんや関根さんと仲良くしゃべっていた。
   ウドくんは遅刻してきていた。
   僕濱口は、ウドくんと天野くん、どっちが仲良しかと言えばウドくんの方なので、
   あえて言わしてもらうが、ウドくんの遅刻は計算なのだ。
   天然ボケを演出するために整形したウド鈴木のことだから、それぐらいは当たり前である。
   遅刻したことにより、本番つっこんでもらおうと思っているのだ。
   さすが本番前、わざと何言ってるか分からなくするために、薬を飲んでいるだけのことはある。
   他にもウドくんは、本番が終わるとすぐ帰るのだ。
   これは僕がウドくんに聞いたのだが、彼曰く「オレは本番の板の上だけで勝負したい」そうである。
   さすがキャイ〜ン・ウド鈴木、恐るべしである。
   おわり

 有野

   今日、キャイ〜ンに会った。
   僕はどっちかというと、天野くんと仲がいいので、天野くんの話にします。
   いいともの青汁のコーナーでキャイ〜ンは出たのだが、普通のタレントさんなら嫌がる青汁なのに、
   「今日は新年一発目の『笑っていいとも!』のゲストであり、キャイ〜ンとしても休み明けの仕事始めでもあり、
    今日の青汁が当たるかどうかで、今年一年キャイ〜ンが当たるかはずれるかを決める」
   と、天野くんはメガネを上げつつ言っていた。
   放送が終わると、年明け一発目の放送というのもあって、
   フジテレビの偉い人やアルタの社長さんなどの偉いさんがたくさん来ていて、アルタの中で新年会をやった。
   出演者みんながコメントを言った後、なぜかキャイ〜ンも言っていた。
   天野くんは、「え〜、僕らがいいとものレギュラーになって、早2年ですがー・・・」
   会場はウケていたが、何か天野くんは複雑な顔をしていた。多分、もういいとものレギュラーではないからだろう。
   ちなみにキャイ〜ンは、青汁は当たらなかった。「今年のキャイ〜ンはヤバイよ〜」と、天野くんは言っていた。
   そんなことを言われた僕は、返事にとても困った。
   けど天野くんとは、このいいともの後、3日連続で夜、ゲーム大会をすることになる。
   すごく楽しい正月休みだった。
   おわり