'96年10月17日   江角マキコ

 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   独り言でブツブツと、「最近会うてへんわぁ」「全然見てへんなぁ」
   「へぇ〜、300万かぁ」「足の指かなぁ〜、でも変態やと思われるしなぁ〜」
   とワケの分からんことをつぶやいていた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   「ぽっぷん王国」の間にトイレに行き、痰を吐き、ゲップをし、屁こいで、滝のようなおしっこをしながら、
   「ここで出すもん全部出したる」とかっこつけていた顔でお話しします。


 濱口

   この前、ひらめき結婚でおなじみの、江角マキコさんに会った。
   自然な雰囲気がナチュラル、出川さん風に言うと「ナチョラル」がウリの江角さんは、
   ほとんどスッピンに近いメイクだった。肌の手入れもほとんどしていないそうだ。
   すごく自然で「ナチョラル」な人だ。
   きっと、歯磨きも指に塩水を付けて磨くぐらいナチュラルな人なのだろう。
   それは、笑うと見える美しい歯並びからも分かる。
   僕が見る限り、歯茎も健康であった。
   「あ〜、江角マキコに指噛まれたいなぁ〜」とか思いながら、ずっと見ていた。
   「『痛い痛い、何すんねん』と言われるぐらい歯茎を指で押してみたいなぁ〜」
   などと考えている間に、番組が終わった。
   気づくと、トーク番組やのに、あんまりしゃべってなかった。
   おわり

 有野

   今日、江角マキコさんに会った。
   何人かは気づいていると思うけど、江角さんの笑顔はゆがんでいる。
   ニカッニカッと笑うと、画面から見て左の方の歯茎だけ出てる。
   そらぁ〜、「痛い痛い、何すんねん」と言われるぐらい歯茎を押てみたい濱口の気持ちも分かる。
   けど、着目すべきは、ニカッと、歯をイーッてして笑った隙間から出るベロの美しきことよ。
   あのベロを丸ごと切り取って壁に投げつけたら、「ペターン!」てきれいに張り付くやろうなぁと思ったり、
   きな粉を付けたらまんべんなく付くやろか、習字の墨を付けたらきれいに「初日の出」って書けるやろか、
   て考えてたら、江角さんに急に話しふられて、何も答えられへんかった。
   おわり