'96年 2月28日   ビートきよし

 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   スタッフが、たまには違うお弁当を食べてもらおうと、
   遠くまで足を伸ばしてきて買いに行ったカニ弁当を、カニが浮かばれないほど汚く残し、
   さらに、「乳首はでかくても薄かったらいい」とか、
   「オレのような歩合制の給料で生きている人間は侍だ」と、変な威張りかたをしていた僕たちよゐこは
   本当にたくさんの芸能人に会います。そのときの様子を
   さすがに5日間仕事がなかったのは辛かったのか、ゲッソリやせ細った頬で、
   スタッフが見ていたプレイボーイをのぞきながら「あー、それやったら舐めれる」と言っていた口でお話しします。


 濱口

   この前、いいともの「私の子供は有名人」で、ビートきよしさんに会った。
   このコーナーは、タレントさんの親にタレントさんが作文を読むというコーナーなのだが、
   ビートきよしは、時間の都合で作文が読めなかった。
   作文は、番組の見せ場なのだが読めなかった。
   そればかりか、ビートきよし、一言もしゃべってなかった。
   さぞかしムッとして仕事場を後にしたのだろうと思ってスタッフに聞いたら、
   「いやぁ、きよしさんはあれでOKなんだよ。ニコニコして帰ってったよ」と言っていた。
   僕は、すごくビートきよしさんがうらやましかった。
   無理矢理、昼から早口言葉をやったってるのに、一言もしゃべらず、スタッフからOKをもらえるなんて。
   96年、僕もビートきよしを目指そうと思った。
   どう?オレ間違ってる?
   おわり

 有野

   今日、ビートきよしさんに会った。
   けど、いいとも終わりで今日のヤンタンまで休みやったから、いろんな人にも会った。
   早坂好恵さん、加藤紀子さん、久しぶりに会って朝まで飲んだ古田新太さん、あがりた亜紀さん、
   スーパーファミコンソフト「GOG」の制作者であり、劇団第三舞台の鴻上尚史さん、
   サイパン帰りのキャイ〜ンの天野くん、出川哲朗さん、飯島愛さん。
   たくさんの人に会ったけど、全部プライベートなので、やっぱり今日はビートきよしさんの話をしよう。
   ぶっちゃけた話、今年はもちろん来年もそうだが、僕は目指したくない。
   濱口くんが目指すというのなら、それはそれで素晴らしいことだと思います。
   短い間でしたが、楽しい思い出をありがとうございました。
   濱口くんはそっちに行くなら、僕は出川哲朗さんとコンビを組んで、
   セントルイスのようなええ漫才をしようと思います。
   ということで、今週はビートきよしさんに会ったけど、
   一言も口開いていないので書けないということでした。
   おわり