'06年 9月22日   アンタッチャブル

 リード文

   今ではすっかり東京暮らし おまけに本番前
   というか先週の本番終わり、いつも以上の早さで携帯電話に飛びつき、
   メールを見ながら、ふと顔が素の濱口優に戻っていた僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。その時の様子を
   口元に明らかにニキビではないヤバそうな吹き出物が出来て、
   いつまで経っても直らない、回復力のない老いた体でお話します。


 濱口

   この前、番組でアンタッチャブルに会った。
   アンタッチャブルの柴田くんは、最近イメチェンを図ろうとしているらしく、
   なぜかメガネをコンタクトにしている。
   なぜだろう。直接本人に聞いてみたら、
   「う〜ん、メガネキャラはそんなに定着しなかったから、もうはずしてみたんすよ」
   そう言われて、でも何か鼻の辺りが寂しいなぁと思って顔をよく見てみたら、
   柴田くんの鼻の穴に、でっかい鼻くそがついていた。
   はっは〜ん、鼻くそキャラでいくつもりやなぁ。
   僕はこのキャラを前面に押し出してやろうと、
   「柴田くん、鼻くそついてる」と、本番突っ込んだら、柴田くんは小声で
   「何でそんなこと言うんすか」と、困った顔をした。
   鼻くそのことは「アンタッチャブル」やってんなぁと思った。
   おわり

 有野

   今日、「おはようございます」を「おざいま〜す!」と言うことでおなじみのアンタッチャブルに会った。
   アンタッチャブルの山崎くんは、夏でも冬でも白いカッターシャツに黒いスラックスに白いネクタイという、
   いつも婚礼帰りのオッサンみたいな格好でテレビに出ている。
   僕が山崎くんと会って何が楽しみかというと、
   本番の絡みではなく、本番前にあの白いネクタイのメーカーを見るのが楽しみなのだ。
   僕が見る限り、あの白ネクタイ、全部で3本のを回しているようなのだ。どれも白やけど、微妙に柄が違う。
   見たことないメーカーが2本に対して、めくって一番うれしいメーカーは、「HANAE MORI」って書いたヤツや。
   その次に楽しみなのは、白ネクタイの山崎くんに会って、「今日、誰の結婚式の帰り?」って聞くことや。
   でもたいがいは、
   「いや有野さん、誰の帰りでもないし、行きでもないですって。
    何回言ったら分かってくれるんすか。もう聞かないでくださいよぉ」
   と敬語で怒られる。
   白ネクタイのことは「アンタッチャブル」やねんなぁと思った。
   おわり