'06年 7月14日   小林幸子

 リード文

   今ではすっかり東京暮らし おまけに本番前
   テレビ番組の雑誌を見ながら、
   「内田有紀、復活するんや」とか、「吉田 対 ミルコかぁ」とか、「藤田 VS シウバもすごいなぁ」とか、
   見たまんまの情報を取り付かれたようにつぶやいていた僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。その時の様子を
   今夜の本番のCM中、ずっと鼻をかみ、そのティッシュを机の下に山のように積んで、
   まるでギンギンの男子校生の部屋のゴミ箱みたいになっている、一人遊び上手な生き様でお話します。


 濱口

   この前、「箱根のビンゴ旅」という特番で、小林幸子さんに会った。
   小林幸子さんとは、それほど面識もなかったので、どうからんでいいか、かなりシミュレートした。
   年配の方なのでベタが好きだろうと思い、かなりベタな事を言おうと思っていた。
   絶対に「よゐこは悪い子なんじゃないの」というフリが来ると思い、僕はそのフリが来たら、
   「いやぁ、僕らはねぇ、よゐこじゃないんですよ。本当は、小林さんより幸せなんで、幸子です」
   と、結婚して幸せな有野に言わそうと思っていた。
   そして本番、小林幸子からよゐこにフリが来た。
   「へぇ〜、よゐこっていうんだ」「はい」
   「どっちが『よゐ』で、どっちが『こ』?」
   まさかこのフリが来るとは。僕はしどろもどろでアワアワしていた。
   それは、大助花子の大助のように。
   番組自体、オープニングで小林さんと10分弱からんだだけで、
   あとはず〜っとよゐこだけで箱根の旅をした。
   おわり

 有野

   今日、歌手の小林幸子さんに会った。
   小林さんとは10年ほど前、めちゃイケがまだ「船上トーク」というのをやっている頃のゲストで来てもらってて、
   メンバーと一緒に絡んだことがあったので、すぐには思い出せないやろうけど、
   いろいろ話して徐々に思い出してってもらって、「あ〜、あの時の!」って言うてもうたら盛り上がるやろ。
   というプランを持って本番に挑んだ。
   そしたら小林さんは、「『よゐ』さんと『こ』さんね。はじめまして」となったので、
   やっぱりこうなったかと、予想の範囲内だったので、
   「いやいや小林さん、僕ら昔1回ご一緒させてもらってますよ」と言ったら小林さん、
   「え〜そうなの?」うん、これこれ。僕のプラン通りや。
   そして、「そうですよ、からんでますよ」って言うてもらうため、
   相方・濱口くんに「なぁ濱口」と言ったら濱口くん、「え〜、そうやったっけ?」
   ウソやん。ウソでもええから、そうですよって言うてくれや、と思った。
   その後、よゐこ二人でロケになったので、小林さんのよゐこの印象は、
   絡みづらくて虚言癖のあるコンビって思われたやろうなぁ、と思った。
   おわり