'06年 3月31日   若槻千夏

 リード文

   今ではすっかり東京暮らし おまけに本番前
   吉岡美穂にちょい遅い誕生日プレゼントを渡すときに、
   「遅ればせながら」と言うところを、「おくるばせがら」とカミカミだった僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。その時の様子を
   吉岡美穂が載っているFRIDAYを本人見せ、
   「おいおいおいおい、エロスダブル攻撃」とワケの分からないことを言って、
   ちょっとイヤな顔をされていた、セクハラオヤジでお話します。


 濱口

   この前、久しぶりに若月千夏に会った。
   若月は、久しぶりに会うと「私、今年は絶対彼氏欲しいんです」と言っていた。
   アイドルが何言うとんねん、と思って注意してやろうと思ったけど、僕はよく考えてみた。
   もしかしたらこれは、遠回しの愛の告白ではなかろうか。
   「濱口さん、今年こそは私を彼女にしてください」という意味ではなかろうか。
   だって、場所は暗いロケバスの中だし、しかも席が隣同士。
   これは若月、オレを完全に意識して隣に座ったに違いない。
   僕は思いきって言ってみた。「それは愛の告白ととってええんやな?」
   すると若月、顔を真っ赤にして、「いいですねぇ。私と濱口さん、付き合うっすか」
   と、二人で付き合ってからの生活を語り合った。
   しかし、夢から覚めるような現実の言葉、「本番お願いしま〜す」
   ああ、ここがロケバスやなかったら、オレと若月はもう夫婦やろうなぁ。
   本番終了後、若月は「お疲れっした〜」と、何事もなかったように帰って行った。
   照れてたなぁ。若月、完全に照れてたなぁ。
   おわり

 有野

   今日、「♪なのにおけ〜ちゃう〜」てお馴染み・若槻千夏に会った。
   有野家に子供が生まれて久々に会うので、
   礼儀正しい若槻なら、出産祝いとかくれんねやろうなぁ、と、がめつい考えやけど期待してた。
   「有野さん、おはようございます」
   おっ若槻、と思ったらすかさず、よゐこのリーダー・濱口優が、
   「おぉ、久しぶりやなぁ。ちょっと大きなったなぁ」とお世辞を言うと、
   「見てください、ヒールですよ」と、すぐ否定され、
   本番の合間、若槻が寄ってきて「有野さん、あのね…」
   あっ分かった、楽屋に出産祝いがあるんですよ、ってことやな。
   と思っていたら、濱口優・34歳が、また割り込んできて、
   「若月、キャミソールはまだ寒いやろ」の一言で、若槻からの話が流れた。
   ロケバスの移動中にとうとう、「有野さん、あの聞いてください」
   おっ!出産祝いに私をもらってください、って言うのか?と思ってたら、
   「写真集が久々に出るので、もらってください」と言われた。おまけに、
   「見たらボムのランキング、チャンピオンにしてくださいね」と言ってきた。
   「それは写真集の出来次第やわぁ」と言おうとしたら、
   「オレん中ではず〜っとチャンピオンやでぇ」と、濱口優34歳・アホで独身が言ってきた。
   そしたら若槻が、「そんなランキング、どうでもいいんですよ」と言った。
   ナイス!若槻、と思った。
   おわり