'05年11月11日   ほしのあき

 リード文

   今ではすっかり東京暮らし おまけに本番前
   というか先日、ゴチャ金のみんなで中華料理を食べに行ったとき、
   高級茶を飲んだ後、「これ便所の芳香剤の味やなぁ」と言っていて、
   お店の人にイヤな顔された、味覚音痴の僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。その時の様子を
   お風呂に入ったとき、泡立つ入浴剤を湯船に浮かべ、
   その入浴剤を股間に持って行き、
   泡で下半身を癒している、癒し系の体でお話します。


 濱口

   この前、番組でほしのあきちゃんに会った。
   ほしのあきちゃんは、全身タイツにスカートが付いたような、
   セクシーなのかふざけてるか、よう分からん衣装を着ていた。
   しかし、やっぱりおっぱいの所を見ると、形がクッキリ出てた。
   だからやっぱりセクシーやなぁと思った。
   僕は心で思ってただけやったが、うちの相方・アホで空気の読めない有野は、
   「ほしのさん、おっぱいジーッと見ていいですか?」
   と、朝のあいさつもそこそこのうちに、もうセクハラ全開だった。
   しかしほしのさんは、セクハラ慣れしているのか、
   「今日は夕方の番組なんで、そんなにおっぱい出てないですよ」
   と、にこやかに答えていた。
   僕は思った。女神ってこういう人のことを言うんやろうなぁと。
   アホだが空気が読める僕は、相方にこっそり便乗して、
   ほしのさんのおっぱいをジーッと眺めた。
   おわり

 有野

   今日、ほしのあきに会った。
   濱口くんにはナイショだが、僕一人の仕事の時に、ほしのとけっこう一緒になることが多い。
   最初の頃は僕も、周りの空気を読んで、直接バストのこととか触れられないので、
   どんだけ露出をしていても遠回しにこう言っていた。
   「うわっ!お乳こぼれそうやん」
   そしたらほしの、「そうなんです。でもこぼれないんです」とケラケラ笑ってた。
   僕も、セクハラジェダイマスターとして負けられへんので、
   「みんなそのお乳見るやろ」と言って見てやったら、
   「そうですよ、みんな見ますね」 「僕も見てええかなぁ」 「どうぞ」
   とまぁ、ここから僕がほしののお乳を見てもいいというお達しを頂いたから、見てもええのんや。
   それで僕が思ったのは、
   エロのジェダイマスターがほしのあきやとしたら、ダークサイドは杉本彩さんやなと思った。
   おわり