'05年10月07日   misono

 リード文

   今ではすっかり東京暮らし おまけに本番前
   第1回目の放送なのにギリギリに入ってきて、ミネラルウォーターをグビッと飲んだ後、
   「最近体がね〜」とすっかりベテラン芸人のようなセリフを言うようになった僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。その時の様子を
   ダイエットして体がスリムになったのはいいけれど、
   頭もスリムになって被っている帽子もガバガバになる程、脳味噌もカスカスになったアホでお話します。


 濱口

   今日、初めてday after tomorrowもやっているmisonoちゃんに会った。
   misonoちゃんは、初めて会う僕に丁寧に挨拶をしてくれた。すごく好感の持てる女の子だ。
   好感の持てる女の子なのだが、なぜか迷彩のズボンの片足だけ捲り上げ、脹ら脛をマッサージしていた。
   少しおばちゃん臭かった。
   あと、ハイヒールに「33」と数字が書かれてあった。どういう意味なんだろう。
   多分、僕が丁度今33歳なので、33歳を踏み付けるという意味ではなかろうか。
   それはそれで気持ちのいい事だと思った。
   おわり

 有野

   今日、元・Do As Infinityのmisonoさんに会った。
   さすが売れっ子歌手だけあって、連れて来るスタッフがめっちゃ多かった。
   よゐこのマネージャーが20代の男女2人に比べて、
   misonoさん率いる元・kiss in the heavensチームはざっと31人もマネージャーを連れて来てた。
   右典君率いる元・FLAMEチームはダボダボのんとツルツルのん2人や。
   吉岡に至ってはマネージャーにロバ1頭や。
   みんなが収録ギリギリに現場に来たのに対して、元・as soon asのmisonoさんは40分前には入ってはった。
   そんな事まで知っている90分前から現場に来ていた僕が、
   misonoさんと挨拶したのはその40分後のスタジオに入ってからや。
   恐るべし、元・オフコースのmisonoさん。
   おわり