'03年 3月15日   飯島愛
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   というか、今テレビの収録やライブのリハーサルで目茶目茶忙しいのに、何か深い理由があるのか、
   マネージャーに無理を言って女性がたくさん出演するあるお芝居を見に行かせろと駄々をこねていた僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を、
   今夜もお笑い界のファッションリーダーらしく、何所で買ったか分らないような、
   ピンクとオレンジのグラディエーションのついた、センスの悪いサングラスをかけた、
   てんぽいおしゃれさんでお話しします。


 濱口

   この前、お久し振りに飯島愛さんに会った。
   飯島さんとは3・4年前に一緒にお仕事をしていた時は、
   「男は30歳を超えたらオデブになった方がセクシーなんだよ」と教えてくれた。
   その言い付けを守ったわけではないが、僕はすっかりオデブちゃんになった。
   きっと飯島愛さんは僕を見て「濱口くんオデブだねぇ、セクシーだね〜」と言ってくれるに違いないと思っていた。
   しかし飯島さんは僕に会うなり「ねぇあんた太った?ブヨブヨしてんじゃん、可愛くない」と言い放った。
   おいおいオデブはセクシーなんちゃうんかいと思っていたらその後、現れたナイナイ矢部に、
   「矢部くんパーマ当てた?やらしいねセクシーじゃん」と言っていた。くっそ〜パーマかー!
   次に飯島さんに会う時はパーマを当てていこうと思った。
   おわり

 有野

   今日、実はナベプロ所属の飯島愛さんに会った。
   「あんた太った?ブヨブヨじゃん!可愛くない濱口〜!」から始まり、
   僕に対しては「有野、お前化粧してもブスだね〜」なのに、
   矢部に対しては「矢部くん、パーマ当てた?」おまけに「セクシーじゃん」だ。
   ここでおかしいのは、矢部と僕等よゐこは同い年であり同じ芸暦なのだ。この違いはなんなんだ。
   飯島さんの中でのランク付けの仕方はどこにあるんだと思っていたら、
   実はT.I.M.のゴルゴ松本さんも、年は向こうの方が上だが芸暦はよゐこの方が全然上なので、
   最初は敬語だったのに、いつの間にか久し振りに会うと「有野、今度メシ行こうよメシ」っていうくらいになってた。
   何や上から物言うようなってた。
   なるほどそういうことなんだ。飯島さんやゴルゴさんに共通して言えるのは所属が2人ともナベプロなのだ。
   芸能界の縦社会の価格破壊をするナベプロ。恐るべし。飯島、ゴルゴ、恐るべし。
   だから帰りこれまた同じくナベプロのふかわりょうの足をギュ〜ッと踏んだった。
   「痛いタイタイ、何するんですか」って泣きそうな顔してた。つ〜んってしたったら、
   「もう何でそんな事するのかなー」ってブツブツ言ってた。
   これが後輩の正しいあり方やな、と思った。
   おわり