'02年 8月10日   和田アキ子
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   ていうか今日のイベントの打ち合わせの時に、出前で注文した回鍋肉丼を汚く食い散らかし、
   半分位食べた所で優しさを見せたかったのか、「これも食べぇや」と言って、
   女性マネージャーに食べさしを無理矢理食べさせようとしていた僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を、
   これまた打ち合わせの時、たまたま置いてあったエロ本をペラペラめくって、
   「あー、僕のベストページはこれやな、分かりますか」とスタッフにエロ本を渡し、
   迷う事無く一発でそのページを当てられてしまった、分かりやすいエロでお話しします。


 濱口

   この前、初めて和田アキ子さんとロケに出た。
   ロケの内容は、和田のアッコさんとドン・キホーテでお買い物対決、だった。
   僕らよゐこは、運がいいのか悪いのか、アッコチームになった。
   でもアッコさんと同じチームになれるということは、少なからずアッコさんに信頼されているということだ。
   僕は堂々と世間にアッコファミリーだということをこれからアピールしていこうと思った。
   そんな僕の決意をアッコさんは知ってか知らずか、相方の有野を見て、
   「おい有野、お前ちゃんと買い物せえや!」と言った後、僕濱口を見て、「君もちゃんと買い物しいや」と言った。
   よせばいいのに、峰さんが「アッコさん、ちゃんと名前言ってあげてよ」とアッコさんにフッた。
   アッコさんは、暫しの沈黙の後、「お前誰や!」と逆ギレした。
   どうやらアッコさんは、俺の名前を知らないらしい。
   おわり

 有野

   今日、僕らを養子に入れてくれようとしている家族、アッコファミリーの大黒柱、和田のアキ子さんに会った。
   爺やの峰竜太さんも非常に快く僕らを引き連れて、というか僕有野を仲間に入れてロケに連れてってくれた。
   ぶっちゃけた話、僕有野はアッコさんにはまってる。理由は簡単、
   アッコさん家の新年会に行って、朝までに紅白歌合戦のアッコさんの歌ってる所を合計4回も楽しく見たからや。
   ぶっちゃけた話、僕有野はアッコさんにはまってる。理由は簡単、
   アッコさんのお誕生日会に会費を払ってプレゼントを持って行って、2次会はもちろん3次会のアキ子さんの家まで行って、
   大林素子さんとパンの耳を揚げてグラニュー糖をかけて皆に配ったからや。
   ぶっちゃけた話、僕有野さんは和田のアキ子にはまってる。理由は簡単、
   そのアッコさんのお誕生日会、めっちゃ行きたいけど会費がない、お金ないわってマネージャーと話してたら、
   「オレが金のプレゼント用意するからお前祝って来い」って濱口くんに言われ、僕1人で行ったんや。
   ってことをどっちも得せぇへんからってことで、アッコさんにはナイショにしてるからや。
   おわり