'02年 6月22日   中山秀征
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   今夜は8時からの特別番組があったので、7時頃MBS入りし、
   働き過ぎてかどうかは分からないけども、夜中の12時頃には顔がテカりにテカリまくって、
   濡れティッシュでいくら拭いても取れないくらい脂ぎっている僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。その時の様子を
   携帯電話のメモリに、笑福亭鶴瓶さんの名前を「つるべ」と入れている、
   大師匠を大師匠とも思ってない常識無しというか、向こう見ずな生き様でお話しします。


 濱口

   今日、韓国対スペインの延長中に、裏番組で東京ローカルの番組「TVおじゃマンボウ」に出演していた。
   そこで、ヒデちゃんこと中山秀征さんに会った。
   最近の芸能界は、サッカーを知らない人は会話についていけてない感じがある。
   今日もヒデちゃんに会ったら、サッカーの話いっぱい喋らなあかんねんなぁと思っていた。
   スタジオに入る前に、ヒデちゃんとかがたまっている楽屋に行った。
   そしたら、開口一番ヒデちゃんが「よゐこサッカー知ってる?」と聞いてきた。
   うわー、また知ったかぶりしな会話盛り上がらへん、とか思ったけど、
   ここはよゐことヒデちゃんの仲なので、思い切って本当の事を言ってみた。
   「いやー、僕全然興味無かったんですよ」 そしたらヒデちゃん、「良かった〜、俺もなんだよ」
   やっぱヒデちゃん最高やなぁ。
   おわり

 有野

   今日、元ABブラザーズの中山のヒデちゃんに会った。
   ヒデちゃんは、本番終わりの後説で「よゐこはホント仲いいよね」って話をいっぱいしてくれた。
   「中学の知り合いなんだよね」とか「いつも楽屋で一緒なんだよねぇ」「ほんと仲いいよね」
   って良く聞くとコンビとしては、当たり前の事を言ってくれた。
   「でABブラザーズはどうやったんっすか?」と聞いたら、凄い事を言われた。
   そらまた、後日言おうと思った。
   ラジオの本番が盛り上がるのも考えものやなぁ、とも思った。
   おわり