'01年12月21日   ダチョウ倶楽部
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   今夜は、一人MBSに早めに入ってきて、控室のテレビを食い入るように見ながら、
   「これはちゃうやろ」 とか 「そうかぁ」 と一人でテレビにつっこんでいる後ろ姿が、
   まるで年老いたお年寄りのような、渋い味をかもし出していた僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を
   何を意識した髪型か分からないけど、ケイン・コスギみたいなヘアスタイルの、
   もみあげの所にうっすくメガネの跡がついて、いつまでも取れないむくんだ皮膚でお話しします。


 濱口

   この前、久しぶりにダチョウ倶楽部のお3人さんに会った。
   久しぶりにお会いした竜平さんに、いきなり苦情を言われた。
   「オレの仕事が減ってるのは、出川と濱口のせいだぞ」 これは喜んでいいのか、すごく悩んでしまった。
   オレは竜平さんみたいに、ラジオの本番中にワイシャツのボタンを片一方お乳丸出しになるまで開けたりはしない。
   体臭が臭くなってきたのを、若手に嗅ぎまくらしたりはしない。
   オレは絶対竜平さんとはかぶっていないと思いながら、ダチョウのリーダー・肥後さんとトークをしていたら、
   「濱口くんのそういうところ、女の子に貢いじゃうところ、ジモンちゃんにそっくりだよ」と言われた。
   確かに僕は、女の子にロレックスの腕時計をプレゼントして、家賃を2ヶ月滞納したことはある。
   でもつき合っていた彼女に、「お前と結婚するために300万貯めた」とプロポーズしたのに、
   あっさりふられてしまう男じゃない。
   おわり

 有野

   今日、ダチョウ倶楽部さんに会った。ラジオのゲストに呼ばれたのだ。
   その番組で、後半は太田プロの若手の人も混ざって、コンビバラバラにして即興で漫才をするというコーナーがあった。
   その若手の中に、ジモンさんと竜平さんも入ってた。もちろんその時はリアクションありや。
   そのネタを作っている間、つなぎでリーダー・肥後さんと話してた。そしたらリーダー、
   「パソコンでよゐこのとこ見てたら、何か日記みたいのが載っててね、有野のやつで、
    自分が存在感を消すとかいう話とか載っててね、
    ”ロケバス載ってリーダーまだかなって思ってたら後ろにおった。オレ以上に存在感ない人や”って書いてた」
   って話になって、あ〜そういやそんなん書いたなぁと思った。
   ダチョウ倶楽部で言うと、僕はリーダータイプで、濱口は仕事で言うと竜平さんで、プライベートはジモンさん。
   すげぇ、よゐこにも3人ダチョウ倶楽部おるわぁと思っていたら、
   演芸のコーナー終わってジモンさん、席に座って開口一番、「今日の仕事は、リーダー一番楽だよな」って言ってた。
   竜平さんも「即興でネタを作っている間、よゐことくっちゃべってるだけだもん、楽だよ」と言い出した。
   ダチョウ倶楽部、芸歴16年でも、今日の仕事は誰が一番楽か言いたがるって、仲のええ倶楽部やなぁと思った。
   おわり