'01年 7月20日   笑福亭鶴光
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   今夜は相方もへき姉もMAXもスタジオ入りが遅く、誰もいないスタジオ横のテレビの前に一人座り、
   K-1グランプリを淋しく見ながら、牛丼の大盛りをパクついていた、タレントオーラゼロの僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を
   今夜もおしゃれに紺色と黄色のTシャツを上手に重ね着した、
   自称お笑い界のファッションリーダーを名乗るカスでお話しします。


 濱口

   この前、笑福亭鶴光師匠とお寿司を食べに行った。
   師匠は、お昼テレビに出ていた格好と同じ格好で、夜お寿司を食べていた。
   そんなマイペースな師匠は、今でも電車で仕事場に行っているらしい。
   芸歴30年近いベテランの大師匠が電車通勤には意味があるらしい。師匠に聞いてみると、
   「いやぁ〜電車に乗ってるとなぁ、女子校生が乗ってくるやろ。
    わしそのミニスカートから見えそうになるパンツがすごい好きなんや」と話してくれた。
   噺家さんやからネタを探しに電車に乗っている、そういうええ話が聞けると思っていたら、
   とんだエロ話を聞かされるハメになった。
   おわり

 有野

   今日、スケベなウミガメこと笑福亭鶴光師匠に会った。
   鶴光さんは本番中、一緒にいてた17歳の女の子相手に、乳頭の色聞いたり初体験聞いたりしてた。
   もっと言うと、ラジオでも言いにくいくらいのエロ話をいっぱいしてくれた。
   下手したら「関東4文字」を言わそうとしてた。もちろん答えてもらってなかった。
   けど本番以外ではいたって普通の話をしてはった。
   「昔な、テレビで大喜利やったとき、カメラが2台しかなかったんやで。金曜の夜8時に生放送でカメラ2台やで。
    それやのに1台こわれとんねん。それで本番やったりしとってんで。
    いや、カメラ3台で1台こわれとったんやったかな。で2台で本番やったんやったかな。うん、なんせ1台こわれとってん。
    んで何や今やったらスタジオでも7台くらいあるときがあるがな、それがやなあの・・・
    あっ日曜8時やったわ。せやせや、んで2台のうち1台こわれとってん。直しとけいうねん」
   と、何ともキレのない話をしてくれてた。
   そのすぐ後の本番では鶴光さん、「世界一短いエロ小説  ピュ」 めっちゃおもろい。めっちゃキレある。
   笑福亭鶴光という噺家さんはエロ以外話したらあかんなと思った。
   おわり