'01年 7月 6日   森進一
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   というか昨日の「よるこ」のロケで、お姉ちゃんと温泉に入るシーンのときに、
   不注意にもそのお姉ちゃんに自分の大根を見られてしまい、
   その時の状態がタートルセーターになっていたことに深く反省していた僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を
   最近、なぜか夜な夜な漫画喫茶に一人で行くことを覚え、この前も朝5時まで一人淋しくマンガを読んでいた、
   ミスターロンリーでお話しします。


 濱口

   今日、新幹線の駅のタクシー乗り場で、おばあちゃんの団体がカメラをかまえていた。
   誰かスターが降りてくるんやろうなぁと歩きながら見ていたら、
   おばあちゃん達の「キャー」という声とフラッシュに迎えられながら、森進一さんがタクシーから降りてきた。
   わぁすげぇ、森進一さんやと思っていたら、前を歩いていた有野が、目で合図を送っていた。
   「おい、あれあれ、あれおふくろさんの人やな」 そんな感じで目で合図を送っていた。
   「今日の芸能日記は森進一さんで決まりやな」という話を有野にしようと思ったら、有野が
   「おい、さっき新沼謙治おったな」と言った。あれは森進一やで、有野。
   おわり

 有野

   今日、新沼謙治さんに会ったと思った。
   日記は謙治に決まりやなと思ってた。
   タクシーの中からハトがいっぱい出てきて、最後に新沼謙治が降りてきたとか、
   ハトのフンがいっぱいついたタクシーから新沼謙治が降りてきたとか、
   ポケットからたくさんハト出してるオッサンおんな思ったら、新沼のけんちゃんやったとか思ってたので、
   濱口にも気付いといてもらおうと思って、目で合図を送った。
   で濱口に、「おい、さっき新沼謙治おったなぁ」と言ったら、
   マネージャーが笑いながら「森進一さんやで」て言われた。
   「何や、おふくろさんの人か」と口に出して言ってしまった。
   じゃあ日記には、森進一さん、普段からおふくろさんに囲まれてたとしか言われへんなぁと思った。
   だから、今日、森進一さんに会った。
   森さん、ジャケットの右肩にハトのフン落とされてた。森さん、たたいてふいてた。
   おわり