'01年 2月 9日   井上貴子
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   というか約2週間前に新車が手に入ったのはいいけれど、
   助手席にマネージャーの脇さんしか座っていない僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を
   「後ろのトランク開けっ放し事件」 「トラックにあおられてちょっとビビッた事件」
   「脇さん、オレの新車にキズつけへんかったやろうなぁ事件」と、
   未だ新車の思い出は全部、脇マネージャーとの思い出とまるっきりかぶっている、淋しい人生でお話しします。


 濱口

   この前、女子プロレスラーの井上貴子さんに会った。
   井上貴子さんは昔、とんねるずさんの番組「ラスタとんねるず」で一緒に戦ったりしたことがある。
   そのことを僕は覚えていたが、貴子さんは忘れているだろうと思っていた。
   そしたら貴子さんの方から、「一緒に戦ったことありますよね」と話しかけてきてくれた。
   完璧に僕に気があるのでは。なのに僕は本番中に貴子さんの写真集を見て、
   「乳首に鎖が!」と叫んだり、「外人さんに乳首ガリッいかれてる」とか、「乳首黄色や!」と叫んだりしていた。
   そしたら帰り、何か目合えへんかった。何でやろ。
   おわり

 有野

   今日、女子プロレスラーの井上貴子さんに会った。
   いきなりやけど井上さん、明らかに濱口に興味があった。
   久しぶりに会っていきなり、「昔戦ったことありますよね」て言われへん。
   明らかに「今晩良ければ私の家で延長戦でも」てなもんや。
   井上さんは見た感じから見ても明らかにSや。濱口は見た感じから見てもご存知Mや。それもバリMや。
   合う。めっちゃ二人合う。お似合いカップルの誕生や。
   これは相方思いの僕としては、濱口くんにきれいなトスを上げてやろうと、本番終わりを楽しみにしていた。
   が、本番濱口くんは、井上さんにスケベな発言連発。
   井上さんの気がスーッと引いていくのが、数字で見えるほどやった。
   本番終わったら、濱口へのお天気指数ゼロの井上さんが、濱口の方をあんまり見ないで帰ってった。
   昔やったら確実につき合える方向までもってけた濱口やのに、そうなれへんかった。
   そんな濱口を見て思ったことは、「こいつ、彼女の作り方下手になってる」
   けどみんなはおもろいおもろいって言うてくれるしええか。
   まぁ僕としては、濱口くんに早く変態の彼女ができたらええなぁと思った。
   おわり