'00年10月13日   おぎやはぎ矢作・ドランクドラゴン塚地
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   というかここんとこず〜っと、「お前はセールスマンか」というぐらい車のパンフレットを持ち歩き、会う人会う人に
   「どれにしようか迷ってるんですわ。最近郷ひろみがCMしてるあの車もええなぁと思ってるんですわ」
   と、仕事では見せたことのない熱心さで、人のアドバイスを聞いている僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を
   車を買おうとしているくせに、いつまでたってもトランプのマークがデザインされた、
   小汚いタオル地のリストバンドをしている、貧乏たれでお話しします。


 濱口

   昨日のライブに、おぎやはぎの矢作くんとドランクドラゴンの塚ちゃんが見に来てくれた。
   自分たちのライブに同業者が見に来てくれるのは、気恥ずかしさもあるが、でも何か嬉しいものである。
   特に事務所も違うし、番組も一緒にやってない、しかも後輩となるとさらに嬉しいものである。
   といっても、慕われているのは有野だけだった。
   僕濱口は、何回会っても「はじめまして」とあいさつされてしまう。
   僕の方を慕ってくるのは、女連れの、シルバーアクセサリーをジャラジャラつけて、
   黒のサングラス、赤のマフラーに皮の上下、ライブの途中で何回も携帯をかけに外に出ていくような、
   かなり慕われたくない友人である。
   おわり

 有野

   今日、矢作くんと塚ちゃんに会った。
   おぎやはぎとドランクドラゴンは、ご存知「爆笑オンエアバトル」でだいぶ勝ち進んでいるおもしろいコンビだ。
   光浦の後輩で僕と同い年の遊び仲間という、何やややこしい関係や。何でか塚ちゃん敬語やし。
   けど塚ちゃんは何を隠そう、僕の大好きな仕事・ボムの連載の大ファンらしいのだ。
   だから来月のボムに塚ちゃんのベスト5を載っけるという約束もした。
   その時点で塚ちゃんは、酒をたくさん飲み始めた。
   みんなご存知のように、塚ちゃんはソルティードックが大好きだ。
   一杯飲む間に、コップの縁に付いている塩を全部舐め干す。飲み干すと同時に舐め干してる。
   で何を隠そう塚ちゃんは、あんな顔して酒が弱い。
   大好きな赤いチェックのシャツより赤い顔をして、「粗塩でもうまいですわ」て言うてた。
   「僕、もっとがんばりますわ」て、何か知らんけどあんな顔して熱なってた。
   「そのことをラジオで言うわ」て言うたら、「すんません、ありがとうございます。絶対聞きますわ」て言うてた。
   東京に住んでてどうやって聞くんやろう思ったけど、「来週感想聞かしてな」て言うといた。
   ごっつ元気に「分かりました。それじゃあお疲れした」
   あっかい顔して帰っていきよった。
   おわり