'00年 8月11日   小堺一機
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   というか先週の土曜日に仕事をした後、今日のやってますまで一週間休みになり、
   「オレはタレントとして大丈夫やろか」不安を感じながら、海外旅行に行くわけでもなく、
   ビデオをたった2本しか見なかったというカスカスの一週間を送った僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を
   先日サウナに行ったとき、男風呂に従業員の女性が歩いているのを見て、
   「いつ誰に見られるか分からへんからなぁ」とマネージャーに言った後、
   せがれのとっくりのセーターの襟を無理して降ろしていた、男のプライドでお話しします。


 濱口

   この前、「ごきげんよう」にゲスト出演して、小堺さんに会った。
   小堺さんは、こぶ平さんがゲストに来たとき、ずっと三平師匠のものまねをやってはった。
   僕はちっちゃい声でガヤをいっぱい入れてた。「似てますねぇ」 「あ、そんなん言いそうっすねぇ」
   僕は言いつつ、「ごめん小堺さん、僕三平師匠そんなに知らんです」と思っていた。
   でも僕が「誰なんすかそれ」とは言えなかった。
   でも小堺さん、ずっと三平さんのものまねしてた。
   小さい声で「ごめん、こちゃかい」と謝りたい気分だった。
   そして席替えの時、こんなこともあった。僕は何を思ったか、ずっと小堺さんのおやつを持って移動していたのだ。
   それを小堺さんは小さい声で「それ僕のおやつ」と注意してくれた。
   おわり

 有野

   今日、黒子とグレ子でおなじみの小堺一機さんに会った。
   小堺さんが三平師匠のものまねをしてる間、濱口はずっとヤジを飛ばしてた。
   「似てますねぇ」 「あー、そんなんやりそうっすねぇ」とか言うてたけど、何か違和感があった。
   何やろうて濱口のこと見たら、「アッハッハッハ」て笑った後とかに、何回もオレのことをチラチラ見てた。
   あっ、オレに何か訴えてるていう感じがした。その目を見て何を言っているか分かった。
   「おい、三平さんて誰や。小堺さんのこれは似てんのか?オレのヤジは合ってるか?」
   と、ごっつ不安そうにオレを見てやがった。で、オレはそんなことを番組中に言っちゃうと、
   三平師匠を知らないよゐこっていうのを出してはいけないし、
   こぶ平さんのお父さんを否定するってことになるし、
   気持ちよくものまねをやってる小堺さんに水を差すことになってしまう。
   ってことで番組を盛り立てようって事で、そんな不安そうな濱口を無視しといた。
   あと濱口は、何でか席替えのとき小堺さんのおやつをずっと運んでた。
   月曜日からずっと運んでたので、何かあんのかなぁと思って黙って見てたら、
   水曜日になって小堺さんに普通にちっちゃい声で「あっそれ僕のおやつ」
   濱口くんて本当にすごい芸人だなぁと思った。
   おわり