'00年 3月10日   三宅裕司
 リード文

   週に6日は東京暮らし おまけに本番前
   写真雑誌の鈴木あみの高校時代の写真を見てしみじみと、
   「これはモテるわぁ。こんな子が高校時代におったら、
    間違いなくホレてるわ。ズッポシストライクですわ」と言っていた僕たちよゐこは
   いろいろな芸能人に会います。そのときの様子を
   中途半端に伸びた髪の毛を切りに行くのに、
   美容院に行こうか、10年ぶりに散髪屋さんに行こうか悩んでいる、
   今日、確定申告を済ました、立派な社会人の口でお話しします。


 濱口

   この前、三宅裕司さんに会った。
   三宅裕司さんの鼻の下の溝は、有野の鼻の下の溝に似てるなぁと思った。
   どうでもいいことだが、似てるなぁと思った。
   でも、誰にも言わなかった。言うたってどうしょうもないからだ。
   でも似てる。犬っぽいところが似てる。
   誰に言うわけでもなく、ぼそっと言ってみた。
   「似てるなぁ、犬っぽいところが似てるなぁ」
   そしたら、そばにいた小倉久寛さんが、
   「うん、絶対噛まない犬だとよく言われる」と言い出した
   お前ちゃうわ。
   おわり

 有野

   今日、三宅裕司さんに会った。
   三宅さんの鼻の下は、僕の鼻の下に似てる。
   僕の本当のお父さんじゃないかと思えるぐらい似てた。めっちゃ似てた。
   本番中に言うてやろうと思うぐらい似てた。
   犬っぽいというか、ダメな番犬っぽいところというか、何か似てた。
   どう考えても他人の気がしなかったので、三宅さんの方を見て小声で言ってみた。
   「お父さん」そしたら、そばにいた小倉久寛さんに、
   「僕はお父さんじゃないよ」と言われた。
   犬小屋の隅に落ちてる毛玉の固まりみたいなオッサンに言われた。
   おわり